門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.10.05
ウィズコロナ時代、スタートアップでSDGsの実現、社会的課題の解決へ!スタートアップ企業の創業から成長まで、切れ目ない支援!「京都市スタートアップ支援2号ファンド設立」記者会見。1号ファンド投資先2社からのプレゼンを拝見し、感激!スタートアップ支援の大切さを改めて実感。

京都信用金庫 榊田理事長、京都中央信用金庫白波瀬理事長、フューチャーベンチャーキャピタル(株)松本社長、京都リサーチパーク(株)小川社長、(株)日本政策金融公庫京都支店 原統括はじめご尽力の皆さんに敬意と感謝。
創業期の企業を支援するため「まち・ひと・しごと・こころ京都創生」総合戦略の取組提案「京都創生・お宝バンク」に登録された「京都市起業支援ファンド」。その実現に向け、平成28年、京都市とフューチャーベンチャーキャピタル(株)、京都信用金庫、京都中央信用金庫、日本政策金融金庫、リサーチパークの6者で協定を締結。「京都市スタートアップ支援ファンド(1号ファンド)」を設立し、これまで農業や医療、ITなど16社に投資。切れ目ない支援により、会社の成長に大きく貢献!(株)坂ノ途中 小野代表、(株)バイオーム 藤木代表から成果のプレゼン。この間の力強い取組に感銘!
このたび、1号ファンド出資額が上限(2億6千万円)に達したことを踏まえ、関係者の皆さんのご尽力で、同額で組成する2号ファンドを設立!
京都では多彩な文化、芸術、数多くの大学など知の集積を背景に、多くの世界的企業が生まれ、近年ではクリエイティブな企業拠点やスタートアップ支援機関の拠点も多数開設!こうしたことが評価され、7月には国の「スタートアップ・エコシステム グローバル拠点都市」に選定!
2号ファンド設立を契機に、スタートアップ支援の取組を加速させ、SDGsの実現、社会的課題の解決へ!力強い皆さんと共々に、努力します。

今月の記事

アーカイブ