門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.10.08
保育園・認定こども園・児童館を舞台に京都の伝統文化(京舞、茶道、華道、筝曲、雅楽、狂言、文楽)を出張公演!「子どもたちの文化芸術ふれあい体験」ご主催の保育等児童福祉団体、ご協力の京都伝統伎芸振興財団(おおきに財団)の皆さんがお越しに。

コロナ禍のもと、保育、学童保育等の現場では、子どもたちを感染させない、自分たちも感染しないとの強い思いで日々ご献身!緊急事態宣言中も休まず開所され、安心安全な保育を続けるため大変な緊張感とご尽力があったことと拝察します。心から敬意と感謝。
この取組は、「少しでも早くから子どもたちに本物の文化芸術を体験させてあげたい。」こうした思いのもと、おおきに財団が保育園・認定こども園・児童館・学童保育所の各団体とともに、京都市内の各施設に出張公演を実施。
子どもたちが文化芸術に親しみ、体験することは、伝統文化への関心や理解を深めるとともに、豊かな感性・情操・創造力を育み、未来を自分の力で切り拓く力を身につけるうえで大きな意義があり、持続可能な社会を実現するためにも、とても大切な取組です。
ご尽力の京都市児童館学童連盟 稲川昌実 会長、京都市保育園連盟 藤田尚哉 理事長、京都市日本保育協会京都市支部 河原善雄 会長、全国認定こども園協会京都支部 山手重信 支部長、おおきに財団 高橋英一 理事長代行に深謝。
これからも共々に、子どもたちのため、京都の未来のために努力していくことを決意。

今月の記事

アーカイブ