門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.10.30
京都土地家屋調査士協会から、政令市で最も歴史ある旧市会議場(昭和2年に市役所本庁舎と共に完成。現在改修中)の精緻なVR映像と再生機材一式をご寄付いただきました。拝見して感激しました。池谷一郎会長、山田一博名誉会長はじめ皆さんに心から敬意と感謝。

土地建物の取引や境界に関するトラブルの解決など安心・安全な市民生活の推進にご尽力の京都土地家屋調査士会の皆さん。京都境界問題解決支援センターの運営、土地建物の円滑な取引促進のための無料相談会、空き家対策、地籍調査、所有者不明土地の問題など、幅広くまちづくり、地域の活性化にご貢献。
このたび、土地家屋調査士制度70周年事業の一環として、文化的価値のある建物の3Dデータ及びVR映像データを製作され、再生機材とともに京都市にご寄付いただきました。
私もVRを体験し、厳粛・重厚な議場の雰囲気を体感でき、感激!
志高く取り組まれる皆さんと共々に、これからも持続可能なまちづくりに邁進する決意を新たに。


今月の記事

アーカイブ