門川大作OFFICIAL

活動日記

2020.10.30
名勝円山公園に新たな枝垂桜!(株)圓堂さん(遠藤弘一代表、梅田義弘常務)から、枝垂桜と銘板をご寄付いただきました。感謝状贈呈式。心から敬意と感謝。

名勝円山公園は、明治6年の太政官布達に基づき、明治19年に開園した京都市で最も古い公園。無鄰菴をはじめ数々の名庭園を生み出された作庭家・七代目小川治兵衛が手がけられた庭園「植治の庭」を、自由に(無料)お楽しみいただけます。
しかし開園から130年以上経過し、施設の劣化や樹木の繁茂による眺望・景観の悪化等、様々な課題が。そこで多数の専門家と文化庁による科学的な検証を踏まえ、再整備を進めているところ。6月にはひょうたん池やせせらぎを中心とするエリアの修復工事が完了!引き続き、魅力あふれる円山公園を目指して整備を進めています。
その円山公園に、(株)圓堂さんから枝垂桜と銘板をご寄付いただきました。佐野藤右衛門様による初代祇園枝垂桜の孫桜、公園中央の現在の祇園枝垂桜の子桜で、既に、3月に植樹を済ませ、春には綺麗な花が開花!中央の枝垂桜と共に、円山公園の新たな魅力に!来春が楽しみです。


今月の記事

アーカイブ